足のむくみ取りに貧乏ゆすりは効く?

足のむくみを取って足を細くしたい!と思ってマッサージをしたり、食事を代えたりといろいろチャレンジしている方も多いかもしれませんが、前日テレビを見ていたら“貧乏ゆすりが足のむくみにいい!”というのをやっていました。

 

貧乏ゆすりってどっちかっていうとお行儀が悪いというか、あまり人として良くない行為に見えますが、その貧乏ゆすりが実際、足のむくみケアなどにいいそうなんです。

 

というのも、貧乏ゆすりをすることで滞っていた血流とかリンパの流れが良くなるらしいです。

 

 

確かに、貧乏ゆすりをすると足に刺激というか適度な振動で運動効果というか硬くなっている筋肉にも良い刺激を与えるみたいですよね。
マッサージとかやるのは手が疲れて大変!なんて方には、貧乏ゆすりという方法は楽だしいいかもしれませんね。
何かのテレビ番組でやっていましたが、足を乗せておくと自動的に貧乏ゆすりを同じような動きが再現できる“貧乏ゆすり器”ってのがあって、けっこう売れているらいしんですよね。

 

どうやら、元々は足のむくみ対策ではなくて、足の変形性股関節症対策の為に作られたものらしいですが。
開発された方のお母さんが、変形性股関節症で手術をしないといけないくらいだったのですが、お年も高齢になっていて、手術に耐えられるかどうかわからないってこともあって、なんとかしてあげたい!ってことで開発されたみたいですよ。

 

こういう器械を使う分には、いいんですが、普段の生活、特に外出先で足のむくみ対策とはいえ、貧乏ゆすりを公然としていたら、ちょっと周りから白い目で見られちゃうかもしれないので気をつけたいですね。